スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
大人の為の童話。(改)
【ダブリンの鐘つきカビ人間】(2005/11/11:ル テアトル銀座)

(※アップした記事があまりに文章のなっていない記事だったので改めて整理して書き直しました、なのでタイトルに"(改)"がついてます)

久々に大きい会場で演劇を観ました。
座席754席…PARCO劇場の1.5倍の劇場でして。私の中ではかなりPARCO劇場も大きい劇場だとは思うのですが。こんなに大きい会場でお芝居を観るのは本当に久々、っていうか初めて?(悩)とても綺麗な素敵な劇場でした。銀座という場所柄もあって、お客さんの客層がちょっと上でなにかほのか〜に漂う落ち着き感が。(いい意味で)キャピキャピしていない!
席に着くと斜め前の列に竹中直人氏を発見!更に篠原ともえちゃんまでいてびっくり。関係者席って(一般に混じった)こんな所なのかよ!とビックリしましたけどよくよく考えたらあの席はかなりいい席だ…

さて、今回のこの『ダブリンの鐘つきカビ人間』というお芝居なのですが実は3年前に上演されているお芝居でございます。作はpiperの後藤"大王"ひろひとでございまして、当時とは一部キャストをリニューアルしての再演。(ちなみに演出はG2さん)3年前のものは23ちゃんにビデオを貸してもらって見ました。シアテレで放送してたのかな…何故か家に当時のチラシはあるんだけども。(笑)その時のカビ人間は今をときめく大倉孝ニさんですよ!大倉さん、TVで見かけるとやっぱり10回に1回は「カビ人間だ…」って思うんですけども。

ちなみに内容としてはこんな感じ、詳しいあらすじはサイトを見てね。

あの笑いと感動のパラレル・ワールドが再び!
不思議な病に襲われた中世の町に繰り広げられる、
不思議な愛の物語。


旅行中の聡と真奈美は、霧のために立ち往生し老人の住む山小屋に一夜の宿を求める。だが、 不思議な歌と鐘の音を聞いてしまった二人は、取り憑かれたように老人の話す物語に心を奪われていく。伝説の剣・ポーグマホーンと不思議な歌。そして鐘の音が合わさった時、悲しくも美しく、そして残酷な奇跡が起きる ……。

ケルト民話を思わせるファンタジックな世界、童話の持つ魅惑的な物語性、残酷さ、そして現代的な笑いの要素と、時代を超えて人の胸を打つ感動的なクライマックスを詰め込んだエンターテインメントの決定版。
(PARCO劇場HP&G2プロデュースHPより抜粋)

このお話はですね、「大人の為の童話」です。
個人的には大好きなタイプのお話なんですよ、普通に。通常に伝えられている"童話"っていうのはハッピーエンドを前面に押し出しているけどその裏に隠されている残酷さ、っていうのは全然感じないじゃないですか。その裏の残酷さの部分も同等に扱ってくれる童話、これが「大人の童話」だと思うんですけども。まさしくそれです、それ!

この「大人の童話」のお芝居に関しては『人間風車(2003)』で一度体験していてその時に自分の中での"大人の童話好き"の中の恐怖部分が見ているうちに許容範囲を超えてしまったんですよ。ある程度までは"わくわく感"で見れるけどそれ以上進んだから本当に"怖い"っていう気分になっちゃうという。
いや、マジでね、あれは怖かったのよ…夢に出てきそうだったもの某虫の大群が。

解ってたはずなのに!解ってたのに!
すっかり忘れておりました、あの時の恐怖を。


今回は"恐怖"よりも"切なさ"なのですがやっぱり歩いている道の真ん中にぽっかり大きな奈落の底にまで通じる落とし穴が空いてて落とされたと言うか。ジェットコースターみたいにだんだんじゃない、もういきなりドーン!と。その時に「あぁ、これか!この感覚か!」って思い出しました。

…涙腺弱いから、スイッチどこにあるかわかんないから今の私。(苦笑)

『自分の頭の中で思ったことを口に出してきちんと言える』というのはごくごく自然で当たり前の事だけどそれは幸せな事なんだな、と。(それって私はなかなか出来ないんだけど;)"童話"だからそう言う事を考えるお芝居じゃないんだけどね、本当は。カビ人間さんがね、本当にね心が綺麗でさぁ!またそれがものすごぉぉぉぉぉーーーーーくお話が切なくなるスパイスなんだけども…なんだろう、病気ってどんなのでもならないほうがいいよね。

後はね、もうね!笑いの部分が卑怯ですよね〜普通にね〜♪

『設定は中世で森の中、伝説の剣を捜し求めて冒険中、その時!派手な音楽と共に緑のブレザーを着た司会者登場!』
…これですよ、これなんですよ。設定無視の笑いのギミック、ものすごいツッコミを入れてしまいたいんですけど入れる気にならない、普通に笑って見れてしまうっていうのが逆にすごいなぁと思います。なんかすんなり受け入れちゃう、突然ファーストフードの店員が出てきても、黒ひげ危機一発ゲームが始まっちゃってもすんなりと。多分DVDで拾っていったらまた面白いんだと思うのですが『群馬水産高等学校〜♪』とか『石丸謙二郎』とかずるいもんね、あれね!

あと、個人的に山内さんの神父さんと橋本さとしさんの剣士にドキドキ☆
かっこいいよな〜あの二人はな〜顔濃いけどもかっこいい

カーテンコールの最後には山内さんのギターに合わせて大王をはじめ数人で即興ライブを。多分ね、この曲の意味ってエンディングテーマみたいな感じだと思うんですよ。ベットで童話を読んでくれたお母さんが子供を寝かしつける為に歌う子守唄のような。これって前『スプーキー・ハウス』(piper)を観に行った時にもやってくださったんですが、これを聞くとなんかこういう大人になりたいなぁ…って思うのですよ。すごい楽しそうにセットに思い思い座って手拍子しながら自由に歌を歌っているっていう姿がなんか素敵で。大王はね、きっと舞台が遊び場なんだよね、大人の余裕っていうかきちんと遊びこなせているのが素敵だなぁ…って思うのです。


ダブリンの鐘つきカビ人間
http://www.parco-play.com/web/play/dublin2/
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT









TRACKBACK URL
http://nmix.jugem.cc/trackback/295
TRACKBACK
CALENDER
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SEARCH
RECOMMEND
パルちゃんとグランパスくんのほん。
パルちゃんとグランパスくんのほん。 (JUGEMレビュー »)
パルちゃん(清水エスパルス),グランパスくん(名古屋グランパス)
Blog List
Counter
相互リンク.comブログパーツ カウンター正月 おせち賃貸
MOBILE
qrcode