スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
映画は見逃しました…。
分冊文庫版 姑獲鳥の夏 上
分冊文庫版 姑獲鳥の夏 上
京極 夏彦

「央葉ちゃんはきっと好きだと思うよ」と身内に言われてたの、実に。(笑)
丁度映画版を上映していた頃、居酒屋で「姑獲鳥の夏、観たいんだよねぇ〜」なんて話をしてて…その時に一緒に呑んでた身内の皆さんから「央葉ちゃんはこれ好きだよ!」なんて太鼓判を押されていた京極堂シリーズでございます。結局色々あわただしい日々を送っているうちに映画公開は終了してしまったんですけども。とりあえず読んでみようと分冊版を買いました。
あのね…基本的に弱いの、「普段は○○、でも実は…」っていう設定。京極堂さんも普段は古本屋の主人だけど…っていう設定でしたのでそれはもう個人的ツボなのであります。


内容に関してはもう割愛なんですけど、読んで行くうちに「これって映像化しちゃったらダメなんじゃないのかしら?」…なんて思ってしまいました。(苦笑←もうしちゃったけど;)それは時々出てくる表現のグロさとかじゃなくって。なんでしょうねぇ…「文章を読む自分、集中して周囲の空気をかき消す自分」っていうのをちょっと大事にしていきたいかな、と。だから結構上下巻読むのに時間かかっているんですよ、この本。面白いのでどんどん進んで読んでいるように思いきや、実はじっくりじんわり読んでいるからそんなに進んでないという…。物凄い錯覚に気づかないうちにおちいってるんですよね…不思議なことに。

本の厚さに関しては分冊版は普通に持っているのに便利です!
でももしかしたらあの本の分厚さが京極夏彦さんの作品のまた味をだしているのかな…って読んでいるうちに思ってきました。新しい本を読むたびに戦いを挑まれるわけですよ。

「おぉぉ〜今回はこの厚さで来たか、よぉ〜し、読んでやるぞぉ〜!」
(※藤村Dか大泉さん風に読みましょう)

…みたいなね。そういうまた楽しみもあるんではないかと思うのです。

逆に嫌なところは、単純に買う本間違えるんですよ!分冊版って!今なんか特に映画版の帯(写真入り)が付いているからタイトル観ずに帯を見て買って開いてみたら他の本だった!…とか。(驚愕)

上巻と下巻を買う間に『狂骨の夢(中)』を買ってしまいました!
もちろん読みますけども!中途半端に"中巻"を…"上巻"ならまだしも…開いた途端なんか上巻の最後にはいなかった木場修さんが出張っててびっくり!(本違うから当たり前)

10月8日から調布PALCOの"調布シネマ"でレイトショーで上映されるのですがどうしましょう…行ってこようかなぁ…なんだかんだ言っても気になる映画版…でもちょっと待ったらDVD出るのかな??
スポンサーサイト
- | - | -
連続でコメント、失礼致します(深々)。

京極作品への感想、なんというか凄くわかります!
本の分厚さ長さもあの独特の、煙に巻かれているような不可思議な雰囲気の一部のような気がします。
『絡新婦』までは新作が来るたびに分厚くなっていきますよぉ〜(笑)!
流石にその次、『塗仏』はノベルスでも一冊に出来なかったのか二冊です。
私は分冊になる前に、最初はノベルスで読んで手元には分冊してない文庫版を入手しているので、気持ち的には『やっと分冊にしたか!』という気分です。
分冊してない文庫版は本当に分厚くって、『縦に置いても立つ』とか『落としたら割れた!』とか『文庫で1000P越えるってのはどうなの?』とか色々逸話があるアイテムです(笑)。
これからどんどん分冊版が発売されるんでしょうね。
央葉さんは今後は分冊版と、分冊されて無い版、どちらに挑戦されるんですか(笑)?
そして、現在鋭意執筆中らしい最新作『邪魅の雫』も楽しみです♪
きたみ | 2005/10/07 22:51
いやいや、連続でもコメントありがとうございます!(こちらも深々)

とりあえず買ってしまった分は分冊で行くとして…さてその後はどうしましょう?挑まれた戦いを受けるべきか逃げるべきか。(笑)あれから何度か書店で実際に普通の文庫版を手に取ったもののやっぱり悩むんですよね!普通になんか重石に出来そうな厚さで。と、いうか『落としたら割れた!』にはびっくりです。割れるんですね…落とすと自動的に分冊版?でも戦いに挑むときにはひるまずに挑みますよぉ〜。

京極堂シリーズ、読むきっかけを与えてくださってありがとうございました!気にはなってたものの実際に手に取るっていうのはやっぱり何かきっかけがないとなかなか、というものがありまして。ちょっぴり"邪念"が入っているかもしれないのですがきっかけはきっかけですし。ありがとうございました〜♪

あと、昨夜メールをお送りしましたので確認お願いしますね!
央葉@NX | 2005/10/12 17:48
COMMENT









TRACKBACK URL
http://nmix.jugem.cc/trackback/272
TRACKBACK
CALENDER
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SEARCH
RECOMMEND
パルちゃんとグランパスくんのほん。
パルちゃんとグランパスくんのほん。 (JUGEMレビュー »)
パルちゃん(清水エスパルス),グランパスくん(名古屋グランパス)
Blog List
Counter
相互リンク.comブログパーツ カウンター正月 おせち賃貸
MOBILE
qrcode