スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
大反省大会。


今日はお友達のたまにゃんと川崎市民ミュージアムへ。
美術館にたまには絵画でも鑑賞に…と思いきや『CLAMP 四(Su)〜MANGAアートは時空(とき)を超える〜』というCLAMPさんの展示会を見に行きました。単なる原画展だったら「別に行かなくてもいいや〜わざわざ川崎だし」なんて思ってたのですがどうやら原画以外の例えばCLAMPさんがデザインした家用のドアだとか、お人形だとか色々他にも展示してあると言う事なので興味がふつふつと沸いて行く事にしました。でも3月から始まってたので物凄いギリギリなんですけど…;(開催は4月10日まで)

いやぁ〜…全部見終わって大反省大会でした。

普通に最初は2人で「すげー!」とか「懐かしいねぇ…」とか言ってたんですけど段々会場内を進むにつれて口数も減り。プロだとかアマだとかは置いといて同じ『絵を描く人間』という次元を元に考えてなんかもう!ですよ。すごいなんか感激と共にショックを受けました。何の気無しに雑誌などで見ている印刷物も原画になるとものすごいパワーが溢れてて。なんか色々な意味で反省。(苦笑)

…っていうか一気に色々な作品の原画を見ていると気がつくんですよね、それぞれの作品全部にイメージされている色とか画材を使い分けられていて。やっぱり何の気無しに「○○と△△は何か絵の感じが違う」という感じで「違う」という部分しか認識できてなかった。でもこうやってじっくり見ているとそれぞれの作品に見合った画材を使ってて、もちろんそれにはきちんとした根拠があって。あと本当に色が出るものだったら何でも使っているんだなって思いました。金色とかボールペンとかスタンプとかある意味印刷屋さん泣かせなのかもしれないんだけどそれじゃないと絵が生きないんですもの、っていう感じで。原画は本当に綺麗でした。

近頃専らCGで絵を描いていますがアナログも馬鹿にできねぇな、と。確かにCGは範囲指定して下地の色塗って影をつけってって…と結構作業的に決まっている事が多くて"楽"と言えば"楽"なのですよね。失敗してもやり直しきくし。少し機械的な作業の中に果たして自分の熱は篭っているだろうか?って考えるとナゾなんですよね、いまいち自信が無い。別に人を感動させなくてもいいかもしれないけど多少の自分の伝えたい事の熱は篭っているようにしていきたいですな、絵に対して。

…とにかく、反省。(笑)


CLAMP 四(Su)〜MANGAアートは時空(とき)を超える〜
http://www.clamp-cjf.com/4/
とりあえず家に帰って絵を描きました。

ほら、お誕生日だったから!準備しようと思ってたもののエイプリルフールの日に遊んじゃったりしてて全然出来なかったので当日描きました。『ジャポニカロゴス』見ながらじっくり下書きしてペン入れして…気がつけばあと30分で4月3日も終わっちゃう!みたいな、本当にギリギリセーフ。(苦笑)



今回は自分なりにきちんと頑張った気はします、ツッコミどころはいっぱいあるとは思いますが…。気合いれて下書きしてとにかく丁寧にゆっくりゆっくりと作業をしました。時間はかかったもののものすごい満足感が沸きました。多分これでいいんだと思います、ゆっくりでも自分の満足がいく絵を。今後の課題ですね。頑張るぞ〜♪
スポンサーサイト
- | - | -
COMMENT









TRACKBACK URL
http://nmix.jugem.cc/trackback/180
TRACKBACK
CALENDER
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SEARCH
RECOMMEND
パルちゃんとグランパスくんのほん。
パルちゃんとグランパスくんのほん。 (JUGEMレビュー »)
パルちゃん(清水エスパルス),グランパスくん(名古屋グランパス)
Blog List
Counter
相互リンク.comブログパーツ カウンター正月 おせち賃貸
MOBILE
qrcode