スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
シゲに捧ぐ。
・『ファミ通.com:[ルパン三世][機動戦士ガンダム]のダーツ用フライトが販売!!

…これ、シゲ使うしかないでしょ!!!!
ぽや〜んとネットを見ていたら発見しまして。現在ダーツにハマっている佐藤重幸さんに是非オススメしたいっ!なんて思ってしまった訳ですよ。絶対これ好きだって、シゲ!!

でも、このフライトは『Bee』というダーツチェーン店でしか扱っていないらしくお店は関東と関西しか無いんだよね…。(苦笑)


bee style web
http://www.bee-style.jp/
買っちゃった…;
新撰組異聞PEACE MAKER 1 新装版 (1)
新撰組異聞PEACE MAKER 1 新装版 (1)
黒乃奈々絵

…新装版、買っちゃったよバカ野郎。
実は持ってたんですけど大分前に売ってしまいまして。当時はよかったもののやっぱりお気に入りだったらしく。"ふら〜"って本屋に行って漫画探してたら自然と手に取っておりました。まぁ、そういうもんですよ結局気に入っていたものは自分から手放してもまた欲しくなる、という。(苦笑)この漫画は私に『新撰組』知識を植えつけてくれた漫画でございまして…それこそ『LOOSER』を観るず〜と前の話。(確か映画:『御法度』が上映されてた頃)

『LOOSER』副音声で市村鉄之助が出て来た時に安田さんが「市村鉄之助が主人公の漫画とかあるんだよね」って言っているんですけども、まさにその漫画でございます!この間DVD見ててこの言葉聞いてびっくりしました!びっくりしましたよ!なんか。(苦笑)
…っていうか『COMPOSER』の参考文献の『モーツアルトは子守唄を歌わない』(ステンシルコミック)といい、『マッスル』の真池龍の義腕といいあれなのかい?実はNACSさんってエニックス好き?(笑←違;)

しかし、久々に読みましたけどやっぱりかっこいいですね〜節々が。やっぱり現在の絵と昔の絵と比べるとそれは技術的に今の絵の方がかっこいいんですよ。それは当たり前なんですけどなんかやっぱりこの頃の方がよかったな〜…なんて思うのでございます。う〜ん…話の流れ方とか作風が。(ちなみに新装版の表紙は全て書き下ろしなので現在の絵です)

…って言うか沖田さんのセリフが音尾さんの声で聞こえてきてくるし。

…電車の中でLOOSERサントラ聞きながら読んでたら"じんわり"くるし。

…うぅ…なんか、なんかっ!!(大汗)

とりあえず1巻買ったので少しづつ買い戻して行きたい所存でございます。
ハチクロCafeに行ったよ☆


わぁぁぁぁ〜ハチクロCafeだぁぁぁ〜…(キラリーン☆)と、言う訳で『徒然PJ』の翡翠ちゃんとお台場にあるハチクロCafeに行って来ました!ハチクロCafeというのはDECKSお台場東京ビーチの中にある"j-pit"というカフェを期間限定でハチクロ仕様に!と言う訳でとにかくどこもかしこも(メニューとか音楽とか装飾とか)ハチクロなカフェなのでございます。

お茶の前に央葉さんのツボどころをね!がっつりと紹介!


看板熊のウミノグマー☆(小さいのは販売中)


看板娘はぐちゃん☆(等身大に間違いない!)


はぐとあゆの絵、やっぱりほんわかしていいよねぇ…


ローマイヤ先輩のハム、一度食べてみたいっす!

他にも単行本はもちろんの事、特集をされた『CONTINUE』とか『spoon』が自由に読めるようになってたりしていてカフェとしてもまった〜り出来るようになってました。席数が少ないのでタイミングよくないとこの優越感は味わえないんですけども;(苦笑)私たちは運良く座れることが出来たのでまった〜り。大音量で流れるプロモーションビデオの音に耳を傾けたり。やっぱり修ちゃん先生の「これはおれの従兄弟の子供!」ってセリフが好きv(捲し立てるというかツッコミ感というか…)



これがハチクロカフェの商品でございます〜♪私は『ハチ黒ゴマパフェ』、翡翠ちゃんは『パイシュー』と『ホワイトモカラテ』を注文しました。それぞれにシールがついているのがニクいよね!必死ではがそうと試みたんですけど綺麗に剥がせず…シュークリームはサクサクしてて美味しくって、パフェのソフトも付け合せのクッキーもあっさりとした甘さで大変美味しかったです☆

気分的にものすご〜くまったりさせて頂きましたとさ。

運が良かったら秋に発売の携帯クリーナーガチャポンもできるのでお台場へ行った際には是非!(私ももう一度くらい行きたい…)


デックスお台場東京ビーチ
http://www.odaiba-decks.com/
未完!


ははは…やっちゃったよ…
先日、『オーサカキング』に行ったときに"ブックフェアー"をやっていまして。見つけたのですよ!手塚治虫の『ルードウィヒ・B』を、一冊しか無かったし30%引きだったので「ラッキー☆」なんてお買い上げ。いやぁね、こんな所で出会えるとは思わなかったのですよ、買えと言わんばかりでしょ?手塚治虫ですもの!ベートーヴェンですもの!面白いに決まっているもの!

…で、いそいそと帰りの新幹線で読んだのでした。

…読んだ…面白…いところで終わってた!(号泣)

なんだよぉ〜これからじゃねぇかよぉぉ〜…理由としては手塚治虫先生が描いている途中で亡くなってしまったから、という理由なので仕方ない、って言ったら仕方ないのですが。かなりの勢いでノリに乗ってたので凹みました。でも家に帰って妹に勧める私。(笑)

「これ、買ったんだけどさ〜途中で終わってん!」
「あ、音尾さんと一緒のことしてる。」
「…へ?」

そういうと妹さんは私に『アタヤンPUSH!』の音尾日記を見せてくれまして。そこには、音尾さんが27歳のときのですからもう2年くらい前でしょうか…「音尾琢真の悔しい日記」というものがありました。(過去1年分は読んだけどそこまでは読んでなかったよ!)内容は手塚治虫好きな音尾さんがこの"ルードウィヒ・B"を書店で見つけて購入した、という話なんですが。やはり音尾さんも未完なこの作品に対してがっくりしてらっしゃいまして。「不謹慎かもしれませんが…」と手塚治虫氏を生き返らせてこの物語を完結してほしいと思ってしまった音尾さん。アタシも!アタシもそれ賛成!何か私が言うと物凄く不謹慎…;(苦笑)

物語的にはものすごく面白いんです、ただ単に歴史を追っているのでは無くってオリジナルなキャラクターとか出ててすごい読み応えあるし、なんかやっぱり手塚治虫ってすごいぁ…っていう。でも未完…なのよねぇ…続きが一生見れないっていうのはものすごく辛いなってちょっと思いました。こればっかりは仕方ないんですけどね。

と、言う訳でもし未完でもよろしかったらどうぞ、なのでございます。

ルードウィヒ・B (1)
ルードウィヒ・B (1)
手塚治虫

…こっそり「ちょっと音尾さんと一緒〜♪」なんて喜んでみたり。(笑)
天保山に…
ナカバ、行きまーすっ!
と、言う訳でただ今巷でこっそり話題になっている『ガンダム占い』ではG−3ガンダムな央葉です。この占いって当たっているのかどうかいまいち解らない部分があって「そうかなぁ…」なんて思う部分もあるのですがね…

存在そのものがマニアック。
日常生活では“オタク”言われることが多いのではないでしょうか。


これは妙に納得しちゃったよ、妙に。(遠い目)
しかし、yahooで取り上げられてるとはいえCUE・NACS関係のブログさんが結構占っているのが面白かったり。流石シゲ効果!!やっぱり気になりますよね、ガンダム関連。自然となんか反応してしまう自分が…。

…っつー訳で"ガンダムと言えば天保山"でございますよ。

現在、サントリーミュージアム天保山ではこの様な展覧会がやっているわけですね。


「GUNDAM―来たるべき未来のために―」
http://www.gundam-exhibition.jp/

とりあえずね、レポート記事を見つけたのでちょっと覗いてごらんなさいな。
ITmedia Games:ガンダムにおける「戦争」、「進化」そして「生命」――「GUNDAM―来たるべき未来のために―」開催

これは行くしか。
折りしも、今月末はRNT『和式』の為に来阪なのであります!(2泊3日旅行)
なので観に行って来ようかなぁ…と。この目で"1/1コアファイター"とか見てみたいし。限定のクリアカラーのガンプラもすごいかっこいいよね!(行ったときには無さそうだけど)

これが普通のアニメイベントだったら「別に…」という感じなのでしょうがここまでクリエイターさんが創りこんで下さるのを見るとなんか「これは行かねば!」って思わずにはいられません!きっといつかは東京に回ってくる機会もあるのかもしれませんがとりあえずね!今ね!こりゃ行っとかないと!『COMPOSER』大阪公演、この時期だったら良かったのにねッ☆

ちなみに前回はディック・ブルーナ展で天保山にはおじゃましました。海がすぐ近くにあってすごい眺め的にもいい場所でしたよ。

あぁ…だんだん騒々しい夏が近づいてきましたよぉ〜。

今年は7月末から10月まで確実に月イチで旅行です。(笑)
ドラマティックナイト!

いやぁ〜やっぱり元があるものの絵はムズかしいね…

今日は一日中キムちゃん見てました!!
と、いうのも本日は"新作5本放送+日本初公開映画版"の一挙放送と言う事でテレビの前で数時間前からワクワクしていましたのよ!全部で合わせて2回づつ放送するから8時間!いいの、私はこれが見たくってディズニーチャンネルに加入したんだから!(笑)

あのねぇ…新作も素敵だったんですけどもう映画版が。
観終わって「よかったねぇ…キムちゃん…(しみじみ)」という映画でした。

キムにはロンという幼なじみと言うかベストフレンドがいる訳なんですけど。そこの恋愛模様というか何ていうかそういうのが絡んでくるお話でしてねぇ。(ほら、高校生だから)ある出来事をきっかけにお互いに対して「恋愛のスキ」というのを考えるのですね、もう観ている方としてはずーっといい感じなんだからくっつかねぇかな〜…と言う思いが結構ありましてですねやっぱり。なのでラストはヒャッホーイ!って感じでした。

決してロンは男前じゃないんですよ、普段はドジでまぬけでどちらかと言うと"浮いている"存在の男の子なんです。でもキムの事を思う気持ちはやっぱり誰にも負けないし、一番彼女を知っているのはやっぱり彼で。…っつーかロン、普段はおマヌケだけどいざとなるとかっこいいよ!やっぱり!!

なんかやっぱりいいのぅ…ハッピーエンドは。



ケーキだ!ケーキ!!
アメリカの画像漁ってたらこんなものを発見しました。これ多分お誕生日用のケーキなんでしょうなぁ…これでアメリカの子供達はお祝いされているのですよ!このドぎつい感じの色がいかにもアメリカのケーキなんですけども…緑のクリームなんてありえないですからね!日本じゃ。でも物凄く絵の部分が綺麗だと思いますよ、完成度ものすごい高いっすよね〜

これでお祝いされたらすごい嬉しいな〜♪
ディズニーに首ったけ。
深夜12時からは大体ディズニーチャンネル。(笑)
何故って言うと必ず"World of Disny"という映画番組をやるからでありまして。大体始まって終了するのが1時半、丁度いいおねむの時間になる訳です。またなかなかこれがかな〜りツボな作品を放送してくれるのですごい嬉しいのです。先日は『コルドロン』見てうっわ〜!シンデレラ城ミステリーツアーまんまだよ〜!!なんて一人感激して喜んでみたり。

Adventures of Ichabod & Mr Toad
Adventures of Ichabod & Mr Toad

本日のアニメは『イカボードとトードー氏』でございます。2本のアニメから形成されている長編アニメなんですけど「イカボード先生のこわい森の夜」がもう最高なのですよ!ウフ。

"イカボード"という名前に聞き覚えのあるかたもいるはず、『スリーピー・ホロウ』に出てくる主人公のイカボッドのお話なのでございます、まぁ「首なし騎士」のお話。映画のイカボッドは保安官だけどこちらのイカボードは学校の先生、職業も違えば容姿も全然違うと言う事で直接的には違うのかもしれませんが。このアニメは小学校の頃お母さんがレンタルビデオで借りてきた短編集に入ってて見たのを強烈に覚えていまして。それもあってジョニー・デップが映画でやると聞いた時は大喜びでしたね、「うわ〜!イカボード先生だぁぁぁぁー!!」なんて。

ちなみに余談なのですが、私が小学生だった頃まだレンタルビデオは1泊2日で1本3,000円だったそう。記憶によれば毎回5本くらい借りてきてた感じがするのですが…何かすげぇ金持ち!(爆)

このアニメの好きな所はですねぇ…もう物語の最後の方なのですよ、正直前半〜中盤はどうでもいいかな〜みたいな。(ヒドいな!)首なし騎士に追いかけられてパニくっているイカボード先生の姿ととにかく首なし騎士のスピード感とか見ている方までドキドキして。小さい頃見たドキドキ感とやはり同じものでした。一番最後にジャック・オ・ランタン投げる騎士なんか怖さ通り越してかっこいいもの。オチもかなり好き、決してハッピーエンドじゃないのかもしれないけど。

見てみたい方はですね、『とっておきの物語 / ミッキーの王子と少年』というDVDに収録されていますので是非ためしに見て下さいね〜また『スリーピー・ホロウ』とは違って面白いですから。

なんか毎日ディズニー見ているとTDLへ行きたくなります…。

改めて1st。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1)   カドカワコミックA
機動戦士ガンダム THE ORIGIN (1) カドカワコミックA
安彦 良和

先週あたりの『R25』で映画が公開されると言う事でシャア・アズナブル特集をやっていまして…ガンダムは小さかったと言う事もあり"アニメ"というよりは"お父さんのプラモ"という感じだったのでシャアに関しては「赤い悪い人」という認識しかなかったのですが記事読んで世の中のガンダム世代の人達が何故「赤いものが好き!」やら「シャアが好きだ!」なんて騒いでいるのかがよく解りました。

私もあんな上司がいたらついて行きますとも!えぇ!

…っつーわけでついつい買ってしまったこの漫画。
ついつい…いや、ほんの少しだけ影響はあるんですけども。(爆)

これが面白いんだ、また!
この漫画はアニメでやってた一番最初のガンダム(1st)を改めて漫画化したものらしく。アニメではなかった場面とか加えられてたりするとか。私、元々からアムロはパイロットだと思ってたのでガンダムに乗るまでの経緯とか知ってびっくり、感心しながら読みふけりました。ただ、普段読んでいる漫画と絵の傾向がやや違うので理解する(頭に入れる)のに時間がかかって。なので2回読み返してやっと読み終わるって言う感じです。1度目はただ絵のスピードにのるまま読んで、2回目はじっくり読んで。これ現在9巻まで出ているのでちょっときちんと買い揃えるまで時間が掛かりそうです。(現在、3巻まで読んでいるので)

しかし、『side7』という単語が出てきて思わず「おぉ!」と思ってしまった私…コロニーの名前だったんですね。

今でも大好き☆


これは私が高校生の時から今も保存してある漫画雑誌のカラー表紙の切り抜き。昔ソニーマガジンズから当時発売されていた『きみとぼく』という雑誌に掲載されていた藤枝とおる先生の『PaperFeather』という作品が好きで好きで!これだけは、ってファイルに入れていつも机の目の前の資料と一緒に並んでます。時々眺めるのですよ〜「かわいいなぁ…」なんて。そもそも買うきっかけは新創刊のフライヤーの表紙にあった藤枝先生のイラストだもの。当時本屋で見つけて「なんかおしゃれそうな雑誌だよね〜」って友達と一緒になって、創刊日には速攻買いに行きましたよ。発売日には内容が気になって昼休みに学校抜け出して買いに行ってたり。(サラリ)

…と言う訳で今日はそんな藤枝先生のマンガを買いました☆

オヤユビヒメ∞(インフィニティ) 1 (1)
オヤユビヒメ∞(インフィニティ) 1 (1)
藤枝 とおる

実は昼休みに『落第忍者乱太郎:37巻』を買いまして…そうしたらなんか同じ尼子騒兵衛先生の原作の『はむこ参る!:1巻』(ブンブンコミック連載中)が出ているって言う事で無性に読みたくなっちゃって会社帰りに本屋へ行ったのです。

でもはむこがなかった…で、見つけたのがこの本でございます。

いや〜出ているのは知ってたんですよ!(ちなみに現在3巻まで発売中)
でもなかなか買うタイミングを逃してて…今更…(汗)

そしたら表紙のすぐ後の"作者からのコメント"みたいな欄に『今年で漫画家10周年でこれが20冊目の本です』って書いてありましてねぇ…ぬぉぉ!よく考えてみたら高校生の時か!なんてね、思った訳ですよ。なんか10年って早いよなぁ…としみじみ。そして自分の家の本棚に20冊全部あるか指折り数える私…

14冊しかねぇ!
多分これは『渋谷君友の会』の5巻と『AYZ』の1〜5巻が無いからのハズ!
うわわわ…どうしよう…『AYZ』なぁ…古本屋か??

そんな事を思いながら電車の中で読みました。

藤枝先生のマンガは設定がもう毎回かなーりツボなんですよ。登場人物は探したらいそうな感じの人が出てくるんですけどそれに加えられるスパイスが"ありえへん!"って。またそれが読んだら思わず「いやぁ〜ん♪」って言っちゃう様な設定で…思わずうふふふふ☆ってなっちゃうのです。

1番好きな作品はやっぱり『PaperFeather』です。
デザイン専門学校が舞台のお話なんだけど、読んだらきっと『創る』って事が楽しくなると思う。…っていうか天使が好きな人は絶対ツボですよ!ツボ!読んだ当時は他の夢があったから違う方向の学校に行っちゃったけどそれが無かったら絶対デザイン学校行ってた!…と思います。(笑)ソニーマガジンズから単行本が出てたんだけどもう売っているのかわからないので古本屋さんを探してみましょう。

あと藤枝先生のマンガは基本的に西川貴教スキにはたまりませんのでチェキ!
近頃買った漫画。
そう言えば近頃漫画の話ってあまりしてなかったな、と。
この頃雑誌ばっかりで(北海道ウォーカーとか演劇関連とか…←笑)あまり漫画単行本を購入して無かったという事もありますが。無性に漫画が読みたくなってここ数日で何冊か購入して読みました、多分無性に漫画が読みたくなった原因は日曜日に行ったCLAMPさんの展示会の影響が強いと思われ。

シトラス学園 完全版
シトラス学園 完全版

ちょっと毒々しいでしょ?でも可愛いでしょ?これはですね、『マシュマロ通信』でおなじみの山本ルンルン先生の昔の作品でございます。内容はもうそのまんま、"シトラス公国"という国がありまして。その中で繰り広げられる日常が短編で描かれているという。1本のお話が5ページくらいで終わっているのでかなりのボリュームのある本です。『マシュマロ通信』とか『オリオン街』と一見したら同じ様な設定・内容なのですが微妙にそれぞれ違うっていうのがなんかすごいところで。『マシュマロ通信』はちょっとメルヘンだし『オリオン街』はどちらかというと現実なお話なんですね。…で、この『シトラス学園』は…といいますと同じメルヘンでも少々ブラック気味になっております。山本先生のサイトに「少し大人向き」と書いてありましたがちょっと納得。山本先生の現在の連載は小学生新聞だったりするのですからま〜そうかな、と。(笑)っていうかやっぱり昔から山本先生の描くキャラクター達はキュートなんですな、着ている服とか装飾とかをただ見ているだけでも楽しいです。

ひなたの狼-新選組綺談-(1)
ひなたの狼-新選組綺談-(1)

これ土方さんなんですよ!新撰組ですよ!これはふらりと本屋に立ち寄った時に見つけたのですが。やっぱり私は基本的に時代劇というか着物というか和服というかそこらへんに弱いもので。これは悪い癖だと思うのでちょっと視野を広げる為にも辞めたいんですけどつい。(笑)新撰組の漫画って『あさぎ色の伝説』(和田慎二)だったりとか『PEACE MAKER』(黒乃奈々絵)とか何冊か読んでた事はあるんですけどこんな綺麗な土方さんは初めてです。"綺麗"って言ってしまうとなんかちょっと可笑しい気もしますが…まぁまぁ。というか個人的にこの本に出てくる沖田くんが気に入りました、土方さんより背が高い!無駄にキラキラしてない!美青年じゃない!っていう。きちんと少しヒラメ顔なんですよね。ウフ。(笑)絵の方も少しザクザクした感じで好きです。というか1巻じゃまだ新撰組が活動されてないので早く2巻買ってこなくちゃ!って感じ。あと同じ幕末物だったら『風雲児たち』(みなもと太郎)も読みたいなぁ…。

しかし、気がつけば肝心の集めている単行本を買ってないかも!

『ハチミツとクローバー』7巻(羽海野チカ)とか『おおきく振りかぶって』3巻(ひぐちアサ)とか…あ、『鋼の錬金術師』10巻(荒川弘)は買いました。やっぱり私は原作派。話的に現在ものすごく緊迫している所なんですけどその中にも遊びを忘れてないって言うかピンポイントで笑いどころはあって。"ホッ"とします。っていうか軍部の皆さんはやはりかっこいいです!
CALENDER
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SEARCH
RECOMMEND
パルちゃんとグランパスくんのほん。
パルちゃんとグランパスくんのほん。 (JUGEMレビュー »)
パルちゃん(清水エスパルス),グランパスくん(名古屋グランパス)
Blog List
Counter
相互リンク.comブログパーツ カウンター正月 おせち賃貸
MOBILE
qrcode